ライオンズクラブ国際協会結婚サポート

さくら国際結婚
ライオンズクラブお見合い

 さくら国際結婚の主催者はライオンズクラブのYCE委員として、日本全国の少子化対策のために立ち上がりました。

 

 日本の少子化が現在大きな社会問題となっている昨今、私たちライオンズクラブ会員に出来る事「ライオンズクラブ国際協会結婚サポート」だと思います。

 私が、立ち上げた「さくら国際結婚」は全国の男性や女性独身会員、高齢者独身会員の皆様に、お見合い結婚を通じて社会貢献を行なってきています。

 

 2023年には、数十組の結婚をサポートし7人のお子さんが誕生しています。

 

 地域を豊かに、奉仕の精神のライオンズクラブの一員としては、地域人口増加は大きな社会貢献だと信じています。

 

 日本人男性と、在日外国人女性との結婚が「さくら国際結婚」の使命ですが、ご結婚されて生まれてくる「赤ちゃんは」必ず日本人として誕生する事になります。

 

 日本国内では、自治体でも「お見合いパーティー」等を予算を付けて主催している自治体も有るかと思いますが、それは余りにも小さい実績しか残されていません。

 

 民間でも、結婚相談各会社が入会を募り、入会金や毎月の会費を徴収し上場している会社も有りますが入会した男性や女性会員が、すぐにお見合いをして婚姻したならば、会社の業績は上場するまで発展するでしょうか「さくら国際結婚」は入会金0円会費0円で、会員サポート迄を行わせていただいています。

 

 私たち、ライオンズクラブ会員として「ライオンズ精神にのっとり」大きな目標を持ち、日本全国のライオンズクラブメンバーの推薦する地域での、お見合いパーティーや個人お見合い会等を催したいと考えて地域ライオンズクラブ関係者の皆様のご意見を賜りたいと思っています。

 

 さくら国際結婚の女性会員は、全国に分散されています北は北海道から南は沖縄まで、婚姻実績も多く現在まで数百組のご夫婦が誕生しお子さんも多く出産されています、農家や漁業という新婚生活に適さない環境地域でも、お子様が生まれ幸せな夫婦生活が送れることが証明されています。

 

 また、ライオンズクラブの会員様達には、高齢者になったが配偶者には先立たれ現在一人生活を強いられている会員様もいるとのお話もお聞きいたします「介護再婚」聞きなれない言葉ですが介護のために再婚をご希望されている男性も実は多く存在しているのです。

お子さんの希望は無いが、老後の楽しみを二人でという再婚同士のカップルも多く誕生させています、どうぞお気軽に「さくら国際結婚」にお声がけ下さいませ。

             

             ライオンズクラブ国際協会・会員の国際結婚サポート

   ライオンズ国際協会 334-B地区第1R・第2Z 大垣東ライオンズクラブ YCE委員 大下晃

 

注釈:この事業はライオンズクラブ国際協会に批准された業務ではなくライオンズ国際協会の一会員の事業としての社会貢献の取り組みです。

ライオンズクラブ国際協会結婚サポートお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です